ロゴ

主婦でもカードローンを諦めない【収入があれば審査は通る】

クレジットカード

カードローンの基礎知識

急な出費対策としてカードローンがありますが、実際にはどのようなサービスなのでしょうか。カードローンの大きな特徴としては、担保や保証を必要としないでお金を借り入れられることが挙げられます。また住宅ローンや自動車ローンとは異なり、借り入れたお金の使い道は自由です。更に限度額範囲内であれば、繰り返し借入が可能なシステムとなっています。そのため、カードローンの手続きは比較的手軽です。

女性

カードローンの申込みが出来る人の特徴

比較的手軽に利用できるカードローンですが、お金を借り入れる以上申し込みできる人が限られるのではないかと考えている人が少なくありません。実際のところフリーターやパート主婦でも、カードローンの申し込みは可能です。審査に通る条件としては年収や勤続年数によって異なりますが、年収200万円以上であったり勤続年数が1年以上であったりすれば審査が通るカードローン会社は多いといわれています。収入があれば主婦でもカードローンが利用できるのです。

主婦

カードローンの活用場面

カードローンを活用する場面は人それぞれですが、その多くは出費がかさむ場面で利用するケースです。出費がかさむ場面としては、「娯楽や交際」「旅行」「事故や入院費用」などが挙げられます。変わったところでは、年収1,000万円を超える世帯が、株などの投資目的で借り入れているという事例があります。また借入額が10万円未満という人が全体の約6割を占めていて、普段の生活の中で少額ずつカードローンを利用していることがうかがえます。

クレジットカード

カードローンの申込みをするタイミング

カードローンを申し込んだとしても、審査に通らなければ意味がありません。では、審査が通りやすいタイミングは存在するのでしょうか?閑散期は利用者が減るため、比較的審査が緩くなるといわれています。何故ならカードローン会社にも売り上げノルマがあるため、利用者が少ない時期に審査通過率が高くなるからです。正月やゴールデンウィークやお盆のシーズンは利用者が増えるので、なるべく避けた方が良いでしょう。また週末や祝日前になるとお金に困った人が利用することが増えるので、できることなら平日を狙うと良いかもしれません。

女性

カードローン返済の流れ

カードローンを利用してお金を借り入れたら返済しなければなりません。返済にはカードローン会社ATMや提携ATMから振込む方法や、銀行振込を利用する方法などがあります。更に口座引き落としを選択すれば、わざわざATMや銀行まで足を運ぶ必要がないし、延滞することもありません。ただし口座引き落としでは、通帳に返済記録が残ってしまうため、周囲に知られたくない場合は注意が必要です。

カードローン会社を比較する時のポイント

主婦

返済金利の数値を比較しよう

当然ながら返済金利が高いと利息額が大きくなるため、低金利のカードローンを利用しましょう。

審査にかかる時間も比較してみよう

もし借入れを急いでいるのであれば、審査時間が短いカードローンがおすすめです。

無利息サービスがあるかどうか

カードローン会社によっては、一定期間無利息サービスを実施しています。もし短期間で返済が可能であれば、無利息サービスを活用すると良いです。

職業や身分にあったカードローン

会社員やアルバイト、主婦など利用する人の身分はそれぞれです。そのため、自分身分にあっているカードローンであるかを比較しましょう。